スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス 槍ケ岳、穂高 その1

北アルプスに行ってきました。

1日目は上高地から槍沢を登り槍ヶ岳山荘へ。テント泊。
2日目は大キレットを超え穂高岳山荘へ。涸沢、横尾を経由し上高地へ下山という
コースです。

家を朝3時半過ぎに出発。沢渡に5時10分頃到着。
始発の5:40のバスで上高地へ向かいます。
河童橋から岳沢方面。定番の写真ですね。
RIMG0005_convert_20100917060448.jpg
横尾への途中、明神岳がきれいに見えています。
RIMG0011_convert_20100917060814.jpg
横尾から槍沢に入ります。気持ちの良い沢沿いの道を進みます。
RIMG0025_convert_20100917061105.jpg
少し視界が開けてきて楽しい登りです。
RIMG0032_convert_20100917061451.jpg
水俣乗越への分岐を分けると、さらに上の方まで見えてきます。
RIMG0034_convert_20100917062023.jpg
坊主岩小屋付近まで登ると槍ケ岳が見えてきました。
RIMG0075_convert_20100917062730.jpg
さらに近くなって大きく見えてきます。
RIMG0081_convert_20100917062945.jpg
槍ケ岳山荘に着きました。槍ケ岳が目の前にそそり立っています。
テントを張りしばらくすると急に雨が降ってきました。
降りだす前に着けて本当によかったです。
夕方、雨がやみ晴れてきました。槍ケ岳が夕日にそまっています。
RIMG0087_new_convert_20100917064151.jpg

2日目、日の出前、やや明るくなり始めてから槍ケ岳に向かいます。
夏のシーズンを過ぎたのでひどい行列にはなりませんが、ハシゴ場などでは
少し待ちながら登っていきます。
頂上に到着。360度の展望です。
穂高への縦走路。
RIMG0110_convert_20100917065910.jpg
東鎌尾根と常念岳から蝶ヶ岳への稜線。
RIMG0102_convert_20100917065154.jpg
船窪岳、七倉岳方面。奥には後立山の峰々。
RIMG0099_convert_20100917083802.jpg
北鎌尾根。
RIMG0114_convert_20100917065624.jpg
裏銀座の稜線と奥に立山・剣岳。
RIMG0098_convert_20100917081914.jpg
西鎌尾根と双六岳、三俣蓮華岳。その奥に黒部五郎岳、薬師岳。
RIMG0109_convert_20100917075518.jpg
笠ケ岳。
RIMG0108_convert_20100917081434.jpg
頂上から下り穂高方面へ出発。
中岳を下り少し登り返したところから、中岳、大喰岳、槍ケ岳を望む。
RIMG0129_convert_20100917085308.jpg
南岳からの展望。下に見えるのは南岳小屋。そのすぐ先から大キレットが始まります。
RIMG0134_convert_20100917085730.jpg
大キレットと北穂高岳。
RIMG0136_convert_20100917090228.jpg
A沢コル手前から北穂高岳への登りを眺める。
RIMG0151_new_convert_20100917090703.jpg
北穂高岳への登りの途中で大キレット、南岳を振り返る。
RIMG0161_convert_20100917091310.jpg
北穂高岳に着いた時はガスに包まれ展望はなし。涸沢岳方面に進みます。
最低コルからの展望。ガスがとぎれ奥穂高岳が見えました。
RIMG0174_convert_20100917092254.jpg
涸沢岳への登りで雨が降り始めました。以降、写真はありません。
この日のテント場である穂高岳山荘に着きました。
テントの申込みをしようと小屋に入り、前の人が受付をしている間に天気予報を
見ました。雨はこれからひどくなり明日も雨の予報です。
西穂まで縦走し上高地に下りる予定でしたが、この天気では無理そうです。
1日泊っても展望なしの雨の中の下山となりそうなので、このまま泊らず
下まで降りてしまうことに決めました。
とはいうものの、この時点で12:50。上高地からの最終バスは18:05です。
かなり急がなければ間に合いません。間に合わなければ小梨平でテント泊です。
疲れはありましたが、ひたすら下るのみです。
涸沢ヒュッテを過ぎる頃には激しい降りになってきました。
こんな中、涸沢を目指して登ってこられる方が何人もいました。
改めて北アルプス、特に槍ケ岳、穂高は人気の山なんだなぁと感じました。
横尾到着16:05。行きに上高地から横尾まで2時間ぐらいで来ているので、
帰りも2時間ぐらいでなんとか間に合うかなぁという感じがしてきました。
ひたすら林道を歩き上高地着18:00。なんとか間に合いました。

お花などは、その2でご紹介します。

<参考 行動記録>
9/14
上高地(6:10) --- (6:45)明神(6:50) --- (8:08)横尾(8:17) --- (9:21)槍沢ロッジ(9:35)

--- (10:25)水俣乗越分岐過ぎ(10:35) --- (11:36)坊主岩小屋手前(11:50) ---

--- (12:46)殺生ヒュッテ(12:55) --- (13:40)槍ケ岳山荘

9/15
槍ケ岳山荘(5:00) --- (5:25)槍ケ岳(5:35) --- (5:50)槍ケ岳山荘(5:55) ---

--- (6:50)中岳下ったところ(7:00) --- (7:43)南岳小屋(7:55) ---

--- (9:00)A沢コル手前(9:10) --- (10:20)北穂高小屋(10:35) --- (11:23)最低コル(11:30)

--- (11:50)カッパ着る(12:00) --- (12:35)穂高岳山荘(12:50) ---

--- (14:10)涸沢ヒュッテ(14:20) --- (15:15)本谷橋手前(15:20) --- (16:05)横尾(16:10)

--- (16:50)徳沢(16:55) --- (18:00)上高地
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

すごいハード行程でしたね。

こんばんわ。
2日目の行程のハードさに驚きです。
13時間もの山歩きは、相当だったと思いますよ。
ましてや、大キレットを通過ですから、凄すぎです。

私は未だに大キレットに挑戦するだけの
心の準備ができないでいます。
いつか、挑戦できる日が来るのかなぁーと。。。

本当にお疲れ様でした。

Re: すごいハード行程でしたね。

ノリチーさん、こんばんは。
次の日も天気が悪そうなので一気に下ってしまいましたが、本当に疲れました。
特にバスの時間などを気にしながらの行動はとても疲れますね。
大キレットは天気の良い日を選べば、あとは危険な個所は慎重に通過するように
心がければ問題ないと思いますよ。
ぜひ、挑戦してみてください。

こんにちは。


コメント頂きましてありがとうございました。

北穂高小屋から~北穂高山荘~奥穂高岳~紀美子平~岳沢ヒュッテ~上高地アルペンホテル泊です。

昨日 午後4時頃上高地アルペンホテルに着いたと連絡ありました。
ありがとうございました。

ずっと曇りと雨で・・・昨日晴れたとのこと・・・

やはり人気の山なのですね。。。

今日は朝に発って自宅には6時頃帰宅予定です。

ぽち。

Re: こんにちは。

G1さん、こんばんは。
無事、上高地に下山されたとのこと、よかったですね。
天気が悪い日もありましたが、奥穂高岳では晴れたようですので
最高の展望を満喫されたのではないでしょうか。

早い~!!!

今晩はShigemitiです。。。

凄いスピードです。

時間との競争ですね・・あまりの早さに
びっくりです。

Re: 早い~!!!

> 今晩はShigemitiです。。。
>
> 凄いスピードです。
>
> 時間との競争ですね・・あまりの早さに
> びっくりです。
Shigemitiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
あまりよくないことですが、時間を気にしての急いだ下りになって
しまいました。次の日は、下でも結構な雨でしたので、結果的には
良かったのかなぁと思いました。
プロフィール

たけちP

Author:たけちP
茅野市に移住して4年目。八ヶ岳を中心に山のガイドをしています。

最新記事
FC2ブログランキング
気に入った方は押していただければ幸いです。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
にほんブログ村

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。